改造マリオカートをプレイする前に



1.ROMイメージファイルの用意(スーパーマリオカート)


まずは改造の前に公式のスーパーマリオカートをPCで遊べるようにする必要があります。
当サイトで公開している改造スーパーマリオカートについては日本国内版をベースにしています。
(ここで公開している改造スーパーマリオカートでは殆ど国内版を使用しています。 一部は米国版をベースに作っていますので其方をプレイしたい場合は米国版も遊べる環境が必要です。)
ROMイメージファイルを必要としますので吸出し機の使用が必須です。
サイトからのダウンロードは違法行為にあたりますので絶対にやめましょう。


2.エミュの用意


ROMイメージファイルをPCに入れたら次はエミュレータを用意します。(エミュレータはSFC本体と考える)
SFCエミュレータは、ZSENS,snes9x.snesgtなどいろいろありますので適当にディレクトリに保存し起動します。
スーパーマリオカートを開くことができれば改造マリオカートのプレイができるようになります。


3.ipsパッチの用意


殆どの改造作品はipsファイルという差分ファイルで公式作品にパッチを当ててプレイします。
ここからWinIPSというソフトがあるのでダウンロードします。
ソフトを起動すると下のウィンドウが表示されます。



IPSファイルの欄にダウンロードしたipsファイルを選択します。パッチするファイルの欄に吸出したイメージファイルを選択します。
適用を押せば新しくファイルが作成されます。エミュレータで開くことが出来れば改造マリオのプレイが可能です。


4.改造マリオカートを製作する場合


自分で改造マリオカートを作る場合はMAKEがお勧めです。
使い方についてはリンク集内のNeoぼろくず工房を参照してください。
念のため公式のROMイメージファイルをバックアップの為にコピーしておくといいでしょう。
そして完成したら他の人にもプレイしてもらう場合にIPSファイルを作成します。(ROMイメージファイルのままアップロードは止めましょう)
WinIPSを開き操作の部分をクリックしIPSパッチをIPSファイル作成に変えます。
変更前のファイルに公式のROMイメージファイルを、変更後のファイルに改造を加えたROMイメージファイルを選択します。
その後「作成」を押してIPSファイルが新しく作成されます。そのIPSファイルをアップロードします。


以上で改造マリオカートのプレイする前と改造の際の準備は終わりです。


TOP

inserted by FC2 system